いよいよデジタル教科書併用化へ。 ICT教育の先端を行こう!

      2018/03/02

平成19年度からいよいよデジタル教科書の併用化が進められます。この背景には日本再興戦略改訂2015という政府の提言に、

教育における情報化が進展する中で、児童生徒の学びを質・量両面から向上させるため、学びの手段や学習環境としてのICTの将来性・可能性を見据えて、 教科書へのICTの活用の在り方について検討が求められている。
とあり、同一のコンテンツとはなるものの、障害のある児童生徒にとっては1歩も2歩も助かる機会になるのではないでしょうか。
2020年の教育改革に向け以下のような取り組みが行われます
①2020年代の「次世代の学校・地域」におけるICT活用のビジョン等の提示
②授業・学習面でのICTの活用
③校務面でのICTの活用
④授業・学習面と校務面の両面でのICT活用
⑤教員の指導力の向上や地方公共団体・学校における推進体制
⑥ICTによる学校・地域連携
このようにICT教育は急激な舵取りがなされていきます。
従来の基本的なモノの考え方だけでなく、情報の取捨選択の力が必要になってくるのでICT教育の華やかさや便利さにとらわれるのではなく知恵+ツールとしての利用を考えたいですね。
先日ご紹介した、三田市の三田学園の公開授業でも 知る→考える→まとめる→発表 と知恵+ツールの発展形を見ることのできる機会になるんじゃないかと思います。

【3月24日 一般公開授業】三田学園 ✕ 京都大学

上津台・鹿の子台 じつは今、2020年の教育改革に向け、すべ…

おすすめ情報

1
上津台は地震大丈夫なこれだけの理由。

6月18日午前7時58分 突如大きな揺れが上津台にもおきました。 幸いにも発表で ...

2
私立中学校が支持される理由と三田学園の大学入試改革への攻めについて。

近畿圏では約10人に1人が私立中学校を受験すると言われています。 私立中学校が支 ...

3
【神戸市】上津台(こうずだい)は果たして住みやすいとこなの?〜1〜

人口増加が著しい、上津台(こうずだい)は神戸市北区に位置していますが、じつは三田 ...

 - SCHOOL, お知らせ, 未分類 ,