平成30年 兵庫県公立高校入試問題について、、、

   

平成30年兵庫県高校入試問題が今朝の神戸新聞に掲載されています!

問題傾向の研究は去ることながら、今年特に倍率が上がった三田祥雲館高校と有馬高校については生徒成績や合格点を分析しています。

出題傾向ですが、文部省が2020年に向けて進めている教育改革の流れをくむ形での出題傾向となっていると考えています。

 

ただですよ、、、、 私 理科の授業の時にAIやビッグデータについても語りましたよっ!

今年の国語で出題されましたね。そして、出題傾向少し変わりましたよね。 こんな感じで社会現象やテクノロジーについて横断的に出題されるのも教育改革の素案通りなんです。じつは。

というわけで、個別教室PICSISでも分析を急ぎたいと思います。

おすすめ情報

1
北摂三田・三田祥雲館 合格者の内申点と偏差値について考える。

兵庫県の公立高等学校入学試験までおよそ80日となりました。上津台の生徒が通ってい ...

2
夙川学院さんに須磨学園さんとの提携についてお話しを聞いてきました。

先日ご紹介した、夙川学院さんの須磨学園さんとの提携記事には大変多くの反響をいただ ...

3
アスコットインターナショナルスクールのオープンハウス説明会に行ってきました。

上津台のお隣町、鹿の子台南町にアスコットインターナショナルスクールさんが建築中で ...

 - 上津台, 鹿の子台 ,