これはマズイ 兵庫県の子供たちの体力的課題。

   

【平成29年度兵庫県児童生徒体力・運動能力調査結果について】が公開されました。

これを見てびっくり!兵庫県下の小学生・中学生・高校生の体力測定値が全国平均を殆どの項目で下回る結果でした。

全国平均を上回る結果は高校1年生男子の持久走のみ。

子供たちの身体能力が低下しているということは室内遊び(テレビ・ゲーム)の傾向が高いとも考えられます。名門校がよく掲げている”文武両道”とは身体能力が高くないと学問が修めることも困難ということにつながるからのようです。(養老孟司の“逆さメガネ” より)

資料にもありますが、神戸市としても昭和60年頃への水準へ引き上げたい意向です。

長尾小学校では校舎の増設のためジャングルジムなどが撤去されてしまいました。また遊具の事故防止のためか菅生公園にはブランコやジャングルジムなどがありません。 なかなか子供たちが身体をうごかして遊べる環境が少ないのも考えものです。。

おすすめ情報

1
上津台は地震大丈夫なこれだけの理由。

6月18日午前7時58分 突如大きな揺れが上津台にもおきました。 幸いにも発表で ...

2
私立中学校が支持される理由と三田学園の大学入試改革への攻めについて。

近畿圏では約10人に1人が私立中学校を受験すると言われています。 私立中学校が支 ...

3
【神戸市】上津台(こうずだい)は果たして住みやすいとこなの?〜1〜

人口増加が著しい、上津台(こうずだい)は神戸市北区に位置していますが、じつは三田 ...

 - ALERT